こどもはママのちっちゃな神様


随分久しぶりの投稿になってしまいましたヽ(´ー`)のろのろペースですがまたぼちぼち書いて行こうと思います。

「こどもはママのちっちゃな神様」
昨年の秋からチャイルドセラピスト講座でお世話になっている、長南華香先生が今年の4月にワニブックスから本を出版されました!
華香先生との出会いは、息子が1歳の時。たまたまネットサーフィンをしていて、バーストラウマという言葉を知り、そこから「ピエタセラピー」を知り、早速申し込んでスカイプで受講し、こんな世界があるのかとかなりの衝撃を受けました。そのピエタセラピストの1人に華香先生がいらっしゃいました。
本の内容にもありますが、子供はママを選んで生まれてくるそうです。それも、前世で関わりのあった魂であることが多いそう。
「なんでママを選んで来たの?」
うちの息子は、ママに「自由に生きる」ミッションを思い出させてくれる子だそうです。そして本当にその通りになりつつあります。
みんな、ママを助けたくて、生まれてくる。大変な子育てに振り回されてる時は、「そんなはずない!」って言いたくなりますけどね。
7歳までの子育てって、実は母親自身のインナーチャイルドが肝で、子供はそれに揺さぶりをかけてくる存在だったりします。母親が自分のインナーチャイルドと向き合えた時、子供と本当に心が通じ合う。そしてそれってすごく幸せな瞬間。そんな、気がしました。

「子供はママのちっちゃな神様」の本にはスピリチュアルな内容が多くて、子供の胎内記憶、お空の上でのこともたくさん書かれています。うちの息子には残念ながら胎内記憶はないようですが、それも息子らしいなと思いました。
そのほか、早産、死産、流産、帝王切開など、私には経験はありませんが、それらの意味なども書かれています。

  • 子育ての認識が変わる一冊ですので、おすすめです( ˘ω˘ )♡

 

2017-05-14 | Posted in 子育てNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA